1. 簿記の勉強・学習 >
  2. 勘定科目一覧 >
  3. 資産 >
  4. 小口現金

小口現金

資産の勘定科目
現金 小口現金 普通預金 当座預金 受取手形
売掛金 貸倒引当金 有価証券 繰越商品 消耗品

資産の勘定科目、「小口現金」についてです。

小口現金とは

小口現金とは、交通費などのために手許においておく小額の現金のことです。

通常、会社や店舗などには紛失や盗難のリスクがあるため、多額の現金は置いていません。
しかし、全額を当座預金などに預けてしまうと消耗品の購入や交通費など小額の支払が必要なときに払えなくなります。

そのため、ある程度の現金を保管しておく必要があります。
これを小口現金といいます。

小口現金の仕訳

小口現金は資産なので、増加は借方に、減少は貸方に記入します。

勘定科目一覧へ

簿記の勉強・学習TOPへ

Copyright (c) 2011-2019 簿記の勉強・学習 All right reserved