1. 簿記の勉強・学習 >
  2. 勘定科目一覧 >
  3. 資産 >
  4. 貸倒引当金

貸倒引当金

資産の勘定科目
現金 小口現金 普通預金 当座預金 受取手形
売掛金 貸倒引当金 有価証券 繰越商品 消耗品

資産の勘定科目、「貸倒引当金」についてです。

貸倒引当金とは

貸倒引当金とは、貸倒れの可能性がある売掛金を前もって見積もっておくための勘定科目です。貸倒引当金は資産のマイナス勘定になります。

貸倒れとは、得意先の倒産などにより売掛金などを回収できなくなることをいいます。
この貸倒れで次期に売掛金が回収できなくなる可能性が高い場合に、貸倒引当金繰入勘定を用いて当期の費用として計上します。

貸倒引当金の仕訳

貸倒引当金の仕訳は次のようになります。

[借方] 貸倒引当金繰入 [貸方] 貸倒引当金

差額補充法

貸倒引当金残高がある場合は見積額との差額で足りない分だけを計上します。
(貸倒引当金の残高が1,000円で3,000円を見積もった場合、
3,000円−1,000円で2,000円を計上します。)

[借方] 貸倒引当金繰入 2,000 [貸方] 貸倒引当金 2,000

残高が見積額より大きい場合は超過額を戻します。
(貸倒引当金の残高が5,000円で3,000円を見積もった場合、
3,000円−5,000円で−2,000円となり貸倒引当金戻入勘定を用いて2,000円を戻します。)

[借方] 貸倒引当金 2,000 [貸方] 貸倒引当金戻入 2,000

貸倒れが発生したときの処理

貸倒れが発生した場合の処理は下記の通りです。

[借方] 貸倒引当金 [貸方] 売掛金

貸倒引当金残高より貸倒額が大きい場合は、足りない分を貸倒損失として処理します。

[借方] 貸倒引当金 4,000円 [貸方] 売掛金 5,000円
     貸倒損失  1,000円  

勘定科目一覧へ

簿記の勉強・学習TOPへ

Copyright (c) 2011-2019 簿記の勉強・学習 All right reserved