1. 簿記の勉強・学習 >
  2. 勘定科目一覧 >
  3. 資産 >
  4. 有価証券

有価証券

資産の勘定科目
現金 小口現金 普通預金 当座預金 受取手形
売掛金 貸倒引当金 有価証券 繰越商品 消耗品

資産の勘定科目、「有価証券」についてです。
簿記3級では売買目的での有価証券を扱うことになります。

有価証券とは

有価証券とは、株式や公社債のことです。
株式や公社債は、売買によって利益を得ることが可能です。また株式は配当、公社債は利息を受け取ることがあります。
一般的には、小切手や手形も有価証券ですが、簿記上では小切手や手形は有価証券には含めません。

株式とは、株式会社が発行する資金を調達するための証券です。
株式を所有していると配当を受け取ることがあります。
配当金を受け取ったときは「受取配当金(収益)」として処理します。

公社債とは、国債や地方債、社債などの債権の総称です。
公社債を所有していると利息を受け取ることができます。
利息を受け取ったときは「有価証券利息(収入)」として処理します。

株式を買った場合

株式を購入したら、売買目的有価証券という勘定で処理します。
売買目的有価証券は資産なので、借方に取得原価で記入します。

取得原価とは、「購入代価」+「諸費用(売買手数料等)」のことです。
株式は「1株の価格」×「株数」+「手数料」で取得原価を求めます。

株式を売った場合

株式を売却したら資産が減少するので、売買目的有価証券勘定の貸方に取得原価で記入します。
株式を売却して利益が発生したら有価証券売却益(収益)、損失が発生したら有価証券売却損(費用)として処理をします。

利益が発生した場合

[借方] ○○○○      5,000円 [貸方] 売買目的有価証券 4,000円
       有価証券売却益   1,000円

損失が発生した場合

[借方] ○○○○      3,000円 [貸方] 売買目的有価証券 4,000円
     有価証券売却損  1,000円  

配当金を受け取った場合

配当金を受け取った場合は、受取配当金勘定で処理します。

[借方] 現金         3,000円 [貸方] 受取配当金     3,000円

公社債を買った場合

公社債を購入したら、売買目的有価証券という勘定で処理します。
売買目的有価証券は資産なので、借方に取得原価で記入します。

公社債の取得原価の求め方は、株式とは違って額面総額を1口あたりの単価で割って計算します。
公社債は「1口あたりの価格」×「口数」+「手数料」で取得原価を求めます。

公社債を売った場合

公社債を売却したら資産が減少するので、売買目的有価証券勘定の貸方に取得原価で記入します。
公社債を売却して利益が発生したら有価証券売却益(収益)、損失が発生したら有価証券売却損(費用)として処理をします。

利息を受け取った場合

利息を受け取った場合は、有価証券利息勘定で処理します。

[借方] 現金         3,000円 [貸方] 有価証券利息    3,000円

簿記の勉強・学習TOPへ

Copyright (c) 2011-2019 簿記の勉強・学習 All right reserved