1. 簿記の勉強・学習 >
  2. 簿記講座 >
  3. 仕訳

仕訳

簿記講座
簿記の流れ 簿記5つの要素 仕訳 転記
総勘定元帳 貸借対照表 損益計算書 復習問題

取引を記録する帳簿には借方と貸方があり、記入の際に仕訳をする必要があります。
簿記上の取引とは、実際にお金が動いた場合のことをいいます。
契約や約束などは簿記上の取引ではありません。

原因と結果

例えば、現金が10,000円増えた場合、必ず原因があります。

「商品を10,000円で販売して代金は現金で受け取った」場合には、
原因「商品を販売した」 - 結果「お金が増えた」 ということになります。

このように、簿記では原因と結果に分けて記入します。

借方と貸方

借方と貸方どちらにどのように記録すればいいのでしょうか。

借方には「資産の増加」「負債の減少」「純資産の減少」「費用の発生
借方には「資産の減少」「負債の増加」「純資産の増加」「収益の発生

資産の増加は借方、資産の貸方というように記入する場所は決まっています。
仕訳をする際は、これにまずこれに当てはめて考えます。

勘定科目と金額

一口に資産といっても資産にも様々なものがあります。
「現金」「普通預金」「備品」などがあり、これらを勘定科目といいます。
帳簿には、この勘定科目と金額を記入する必要があります。

そして金額は借方と貸方は必ず一致します。

先ほど例に挙げた「商品を10,000円で販売して代金は現金で受け取った」では、


このようになります。

次のページ →転記

簿記の勉強・学習TOPへ

Copyright (c) 2011-2019 簿記の勉強・学習 All right reserved